顎関節

ホーム骨盤顎関節

顎関節(あご)の歪み

●口を大きく開けられない。
(食べるとき、あくびするとき)
●口を開けるとき、または閉じるとき 
  ガクっとなることがある。
  またはゴリっと音がすることがある。
  もしくは痛い。
●慢性的に首・肩がこる。
●慢性的に頭痛・偏頭痛・頭が重い感じがする。
●眠りが浅い。    


その原因は顎(あご)の関節の歪み
なのかもしれません。


顎関節症は、ここ10年、
特に
20~30代で急増しています。

他にもこんな症状も引き起こします。
耳鳴り・めまい・メニエル・手のしびれなど。

顎関節症の原因は
偏ってものを噛む
(虫歯などの歯の治療が続いている
歯が抜けたまま、咬み合わせが悪い)
 
 
咬み締め癖
(寝ているときの歯ぎしり、
仕事中など気づくと歯を喰いしばっている
  スポーツをしてよく歯を喰いしばる)€    
頬杖をよくつく
 
左右の顎の関節に均等に圧が
かかっていない生活習慣
を繰り返しいると
→左右どちらかの顎の関節を動かす筋肉

硬くなって縮んでコリができる
→顎の関節の可動範囲、動き方が
左右違ってくる
口を開けるとガクっとなる、
大きな口が開けられない
→頭痛、めまい、耳鳴り、不眠になる
頭蓋骨までズレてくる
顔が左右非対称になる
  (目の大きさ、口元の上がり方、
耳の高さが
 左右で違ってくる)
→顔が歪むと首・肩の筋肉が無意識に
それを補正しようとして縮んで硬くなる
首肩の筋肉に関連している筋肉が縮んで
  硬くなり、脊椎、腰椎、骨盤、
 股関節、膝関節…全身が歪んでくる。

 
体の歪みは体の一番上にある関節、
顎関節からくることもあるのです。
 
顎関節症の治療というと歯科で行うのが
一般的ですが、マウスピースを噛むなどの
やり方が主で、
長期的な治療になります。

当院では顎関節に関連する偏った
筋肉のコリを完全に柔らかくして、
左右のバランスをとりながら
歪みを整え、
顎の動きを大きく
スムーズにしていくことができます。


慢性的な頭痛、肩コリまで楽になった方
もたくさんいらっしゃいます。

4~5回で明らかに改善してきます。  
前から気になっている方、悪化する前に、
今すぐ大ちゃんに任せてほしいです。     

当サロンは完全予約制です。  
どんなことでも、まずはお電話で
お問い合わせくださいね。


0533-69-0969



こちらのホームページは
『大ちゃん先生 蒲郡』で検索すると
1ページ目トップに出てきます。
ご家族、お友達に教えて

あげるときは
「『大ちゃん先生 蒲郡』で検索してみて。」

とお伝えくださいね。


地図
画面右上からご覧ください 。

〒443-0031
蒲郡市竹島町23-10

ヴィオラ フィオーレ 202

駐車場は②です

白のジムニーの前に縦列駐車してください。

ページの先頭へ